DRAGON GATE(ドラゴンゲート)

外国人留学生の日本企業への就職をサポート

企業活動のグローバル化が進んでいるなか、大手企業はもちろん中小ベンチャー企業の外国人雇用ニーズも、近年大きく高まっています。同時に、日本における2011年度の専門学校、大学、大学院の外国人留学生の数は13万8075人と、10年前(2001年)の約7万8812人(日本学生支援機構調べ)に比べて倍増しているなか、留学生の日本企業への就職に対するニーズも高まっています。

一方で、留学生雇用における企業側の知識の不足や、留学生に就職情報が十分に提供しきれていないなど、課題もあります。

当社は多数の大学で、外国人留学生向けのキャリアデザイン講義をプロデュースして参りました。そのノウハウを生かし、この度新たに、就職マッチングメディアを立ち上げます。

特長は、3点あります。

1.ドラゴンゲートのスタッフが直接、学生に対して手厚いカウンセリングを行い、学生の指向、特性、能力などをアセスメントします。

日本での在籍大学だけでは留学生の能力把握は不十分です。また、日本語能力だけで判断もできません。 ドラゴンゲートでは、出身国での卒業高校、大学、職歴等の要素も含めた総合的なアセスメントを実施致します。


2.募集企業様の希望と、価値観等がマッチングする学生をピックアップし、ご紹介いたします。

留学生の多くは日本での就職活動において、「会社の探し方」でつまづくことが多々あります。 ドラゴンゲートは、面接などを通じて直接コミュニケーションを行うことで、会社理解の第一歩を作ります。


3.おすすめ学生の自己PRデータ、アセスメントデータを本人の動画つきでご覧いただけます。
一次面談の前に、まずウェブサービスにて詳細なPRデータをご覧いただくことで採用担当者様の利便性を実現します。

ドラゴンゲートでは、学生ひとりひとりに手厚く面談を重ねることで、隠れた人材を見つけ出し、企業との出会いを生み出します。

もっと詳しく 事業内容一覧へ戻る